社会人サークルに参加しました

私の住む地域は比較的に田舎と呼ばれるところで、若者も地元を離れ都会へと就職をしたので私のような地元の大学を出て、地元の会社に就職した者は大変少ないです。都会へと就職した友人が年末年始に帰省したので、会って喋ってましたら社会人サークルに入部しているとのことでした。都会では社会人サークルの種類が多いようで、友人はテニスサークルに入ったようです。社会人サークルでは、幅広い年齢層の方や様々な業種の方との交流ができ、人見知りの激しかった友人が社会人サークルによって社交的になれたとのことでした。私も大学時代にテニスをしていて、就職とともに辞めてしまいました。というのもテニスができる環境が私の地元にはありません。テニスコートは高級ホテルや、大学、高校などにしかありません。なので本当はそういった環境が整っていれば、月謝を払ってでもしてみたかったのですが、なかなかできませんでした。

しかし、ネットで地元の社会人サークルを調べてみましたら、数は少なく、場所が遠いものの活動している人はいるようでした。私も実家からは少し遠いのですが、スカッシュのサークルに入部しました。普段あまり体を動かさないので、本当はジムにでも通おうとしましたが、入会金や月にかかる費用など考えたら中々今のお給料では追い付かなかったので、家からは少し遠いのですスカッシュサークルに入りました。初めは慣れないスポーツで足を引っ張ってないか心配でしたが、最初はみんな一年生だからと優しく教えてくれました。職種も様々で育ってきた環境も違えば、地元もバラバラで年齢層も幅広かったのでなじめるか心配でしたが、やはり皆さん社会に出て仕事をしている方々ばかりなのでそれなりに常識を知っているので、和気あいあいしていて大変良い環境です。誰しもが、社会に出て働いていると仕事での友人や、地元の友人以外に趣味を通じての友人はなかなかできにくいと思います。しかし、こういった社会人サークルは皆さん目指しているモノが同じ方向を向いているので、気の合う仲間はたくさんできると思います。今ではスカッシュでダイエット部というのを作り、女性や男性の方とダイエット情報を交換し合っています。

たまに休日が合えば、一緒に新しいウェアを買いに行ったり食事に行ったりすることも増えました。社会人になって新しい友人が作れるなんて思ってもいなせんでした。サークルに入りだしてから、会社の同僚に毎日楽しいそうだといわれました。毎日の生活にハリができてうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*